小児科このページを印刷する - 小児科

対象疾患

対象疾患
  • 感染症を中心とした小児急性疾患
  • 養護学校通学を必要とする小児慢性疾患
     (小児肥満 ぜん息 アトピー性皮膚炎など)
  • アレルギー疾患

 ※かかりつけの小児科からの紹介状をお持ちください。

専門的な治療

専門的な治療

診療スタッフ

渡辺 博子
職名 小児アレルギー科医長
専門 小児科一般
小児アレルギー
認定医・指導医 日本小児科学会小児科専門医・指導医
日本アレルギー学会アレルギー専門医
萬木 晋
職名 小児科医長
専門 小児科一般
小児アレルギー
認定医・指導医 日本小児科学会小児科専門医・指導医
日本アレルギー学会アレルギー専門医
石井 徹仁
職名 小児科医長
専門 小児科一般
認定医・指導医 日本小児科学会小児科専門医
       萬木 暁美 (非常勤)
職名 小児科医師
専門 小児科一般
小児アレルギー
認定医・指導医 日本小児科学会小児科専門医
日本アレルギー学会アレルギー専門医
       佐藤 ひろ美 (非常勤)
職名 小児科医師
専門 小児科一般
小児アレルギー
認定医・指導医 日本小児科学会小児科専門医
日本アレルギー学会アレルギー専門医

外来担当医表

重症心身障害児の長期・短期入所

当院には120床の重症心身障害児・者病棟があります。

神奈川県内全域から、在宅での介護が困難となった重症児・者の長期入院、レスパイトのための短期入院を受け入れています。

重度の障害で医療的ケアが日常的に必要な患者さんが在宅で生活することが増えてきており、介護に当たっているご両親の負担は大きいものになっています。

患者さん、及びそのご家族を心身両面からサポートできれば・・・・・と考えつつ、診療にあたっています。

見学のご希望は療育指導室までご連絡ください。

小児慢性疾患を対象とした中長期入院療法

小児慢性疾患を対象とした中長期入院療法

学校検診で肥満を指摘された、自宅で食事療法を心がけているが、思うように体重が減らない、気にしてしまって最近登校が難しい、などの理由でお困りではありませんか?

神奈川病院には養護学校が隣接されています。しっかりと落ち着いて治療をしながら、勉強も運動も、継続することができます。養護学校と病院は細やかに連携をとっています。

お母さんお父さんのもとを離れての入院生活は最初は心細いですが、数カ月から半年程度の入院で症状が安定し、体力的にも、精神的にも成長するお子さんもおられます。

病棟・養護学校は随時見学可能ですのでお気軽に小児科外来にご相談ください。

予防接種

予防接種

小児科の予防接種は、アレルギーのため当院を定期受診している患者さんを対象に、予防接種外来(第2・第4木曜日の14時から16時)で行います。

予約制としておりますので、平日14時から16時30分の間に予約電話(0463-81-1786)あて、お電話をお願いいたします。

秦野市、平塚市、二宮町、伊勢原市、厚木市、中井町にお住いの患者さんは、公費負担でワクチンをお受けいただけますが、ワクチンの種類によっては、公費負担外(自己負担)となる場合がありますので、ご確認ください。

予防接種を受けた後30分程度は、医師とすぐに連絡が取れるよう、院内で様子を見てください。



【接種ワクチンの種類】
 Hib(インフルエンザ菌)、四種混合、ロタ(ロタリックス)、B型肝炎、BCG、麻疹風疹混合(MR)、水痘、おたふく、二種混合(DT)、子宮頸がん

※季節性のインフルエンザワクチン接種は、トップページ「重要なお知らせ」をご確認ください。
  また、卵アレルギーの患者さんは、医師にご相談ください。

※肺炎球菌ワクチン、日本脳炎ワクチンの接種を希望の方は、診察時に医師へお申し出ください。
 なお、ワクチンの在庫によっては、お受けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。