地域医療連携室このページを印刷する - 地域医療連携室

医療機関の先生方へ 地域医療支援病院について

当院ではかねてより地域医療機関との連携を推進してきましたが、平成21年10月21日付で「地域医療支援病院」として認定されました。地域医療支援病院は、第一線の地域医療を担うかかりつけ医を様々な側面から支援する役割を担っています。
今後も、引き続き地域の医療機関の先生方からのご協力を賜り、地域の患者さんが安心して医療を受けられるように取り組んで参ります。ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

地域医療支援病院の主な認定要件   神奈川病院の状況(2019年度)
病床数:200床以上 病床数:370床
地域の医療機関からの紹介や、地域の医療機関への紹介(逆紹介)が一定以上 紹介率:62.7%
逆紹介率:82.4%
地域医療従事者に対する教育研修を行っている 地域医療連携症例検討会等の開催
地域医療機関の登録医制度を設け、CT、MRIなどの高額医療機器や専用病床の共同利用ができる 共同利用:773件(専用病床6床確保)
24時間体制で救急医療を提供している 365日24時間体制で救急医療に取り組んでいます

地域医療連携のご案内

地域医療連携室
直通電話 0463-81-1784 
直通FAX 0463-81-1785
下記ご用命がございましたら、地域医療連携室までご連絡下さい。
救急医療については、すみやかな対応、検査等においても、即日~可能な限りの早期の予約をおとりしています

地域医療連携のご案内

注)赤字の期日については、休診日を除きます。また、検査等によっては、事前登録、契約が必要になる場合がありますが、すみやかにお手続きにお伺いいたします。

救急医療 二次救急に対応しています
内科、循環器科、呼吸器科、消化器科、外科、整形外科、 脳神経外科
入院依頼 病床に余裕ある限り対応します
在宅医療を受けている患者さんの短期検査入院も受けています
循環器科系諸検査 循環器科(月~金)に受診後、すみやかに対応します
ABI、PWV、心エコー、頸動脈エコー、ホルター心電図、トレッドミル等
大腸カメラ 消化器科(月・水・木)受診後、火・木・金に実施
胃カメラ 木曜日に実施(感染症の検査は不要です)
胃ろう造設 患者さんのご状態にあわせて入院をお引き受けいたします
胃ろう交換 受診後、交換日(木)の予約をおとりします
日帰りにて交換(他院で造設されたものでも可)
CT、MRI 月~金に実施
読影結果は2日以内にお届けします
当院医師から患者さんへの説明を希望される場合は、外来受診にて行っています(心臓造影CTについては、事前の外来受診が必要です)
また、VSRADによる認知症の診断も行っています
骨密度 月~金に実施 事前に電話下さい(14時~16時に検査します)
結核菌PCR検査 月~金に実施、翌日の朝までに報告いたします
滅菌試験管がない場合は翌日までにお届けします
共同診療 入院中の患者さんの共同診療が可能です
その他 肺がん等に対する胸腔鏡下手術、胃がん・大腸がん・胆石症等に対する腹腔鏡下手術、ペースメーカー植込術、人工透析等実施しています。 また頭痛やめまい、手足のしびれ、関節痛や腰痛、小児アレルギー等の症状があればご紹介下さい。
 

注)超音波検査について(頸動脈超音波検査・甲状腺超音波検査も開始しました)

腹部超音波検査 月~金に実施
曜日によって検査時間が異なりますのでご相談下さい
頸動脈超音波検査 月~金に実施
曜日によって検査時間が異なりますのでご相談下さい
甲状腺超音波検査 水、金に実施

患者様のご紹介、診療や検査の予約方法等は次のとおりです

登録医

登録医の先生は、入院中の患者さんの共同診療を行うことが可能です。
共同診療では、当院医師と共同で主治医として治療を継続することができます。
患者さんは入院中から地域の先生に治療経過を把握していただけるため、安心して医療の継続が行えます。

登録医 一覧

ご連絡先

独立行政法人国立病院機構 神奈川病院 地域医療連携室
〒257-8585
神奈川県秦野市落合666-1
直通TEL:0463-81-1784
直通FAX:0463-81-1785

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe® Reader® が必要です。最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

ダウンロードはこちら